競艇の荒れるレースは安定板使用レース?安定板使用時の舟券予想とねらい目を徹底解説

【スポンサーリンク】
豆知識

ボートレースを視聴していて、出走表に

『安定板使用』と記載されたレースを視聴した事がある人はいるだろうか?

本記事は安定板を着用した際のレースへの影響や、

舟券購入にあたって注意しなくてはいけない点を徹底的に解説していこう!

【スポンサーリンク】

競艇で使用される安定板とは?ボートに板?何の部品なのか?レースにはどのような影響があるのか?

上記画像は競艇で実際に使用される部品のひとつで安定板という部品だ。

安定板はボート本体のプロペラ付近に取り付けられる部品で、

通常のレースでは使用される事はない。

天候が急激に悪化した際に、レースを続行するための補助部品として使用される。

安定板をつけることで、水中にボートが触れる面積が大きくなり、抵抗を受けやすくする事で、

トップスピードを抑え、加速しにくい仕様に変化するのだ。

 

競艇のレース中に安定板使用が決定!取り付けられる特殊条件とは?

出走表記載された、【安定板】使用?どういう意味だろう…

なるほど!

すると開催レース場は天候が荒れていますね?

 

 

 

安定板とは、文字通り、ボート本体を安定させるために取り付ける部品を指している。

つまり安定板着用と記載された該当レースからは、選手が使用するボートには安定板という

部品が追加で取り付けられてレースが開始されるのだ。

安定板使用は、該当するレースの全選手に取り付ける義務が生じる。

つまり安定板使用レースは選手に取り付けの選択権はないのである。

安定板の使用条件は、【このままの状態でレースを開始するとレーサーに危険が伴う】

状況が発生した場合だ。

天候や水面コンディションの大幅な変化が生じた際に使用され、

安定板を使用したレースは、各競艇場で年間10レースほどの登場。

滅多にお目にかかれないレースといえるだろう。

ボートレーサー達は常に、レース当日のめまぐるしく変化する自然とも戦っており、

レース場毎の特徴を研究し、出走するボートを少しでも速く走れるように調整を行っている。

そのため選手にとってもこの安定板使用はイレギュラーな事態という事は間違いなさそうだ!

 

競艇で使用頻度の低いボートに取り付ける安定板。使用はダレが決めるの?レース場?それとも…。

安定板を使用する理由は分かったんだけど、ダレが決めているの?

主に開催場が判断しますが、ここで活躍する重要な人物を紹介します!

当日の天候の急激な変化により、安定版を使用することになった場合、

最終的な判断は開催場に委ねられている。

実は選手の中にも開催場と同等の発言権を持つ人物がいることをご存じだろうか?

それは、その節の選手代表をつとめるボートレーサーだ。

選手代表とは基本的に開催レース場を地元とする、有名選手もしくはベテラン選手が

務める事が多く、節間のイベント毎への出席や挨拶などを務めあげる。

選手代表は地元のレース場の特徴をしっかりと掴んでいることから、状況の判断に優れているのだ。

開催場からすると、レースの中止は避けたいところ…。【舟券の売り上げがなくなってしまうため】

選手代表の意見を取り入れ、悪天候の中でも選手に危険が発生しないように、

安定板の使用を決定する。レースを続行させるための選手側の配慮のひとつという事になる。

・もしも購入レースが中止になった場合の舟券はどうなるの?             →全て返還となる。

・安定板を使用したレース中に選手が転覆した場合の舟券はどうなるの?

→レースが出走してしまえば、通常通りのレース運用となる。そのため選手が転覆した場合も舟券の対象外。(出遅れ・フライングが発生した場合は、発売額と同額を返還)

競艇で安定板の使用目安とは?使用は風速〇メートルから?波高は関係する?

安定板の使用には共通の基準や規定は存在するのだろうか?

実は明確な基準は存在しない。

つまり風速が〇メートル以上、波高が〇センチ以上で使用を許可する、

といった具体的な規定は存在しないのだ。

レースを視聴していると、風速が6メートル以上で、

競艇場にもよるが波高が5センチ以上の際に使用される事が多い印象だ!

レース場によって水質や潮の干満差などが競艇場毎で異なるため、安定板使用の基準となる

水面コンディションはそれぞれ異なる事が予想できる。

【スポンサーリンク】



競艇場毎で安定板の使用頻度に差はあるのか?(サイト管理人の個人的な意見)

安定板使用率はどこのレース場が多いのだろうか?

多くのレースを視聴していて印象としてはこの2つのレース場を紹介しよう。

安定板使用時は地元選手が断然有利!関東随一のクセありレース場・江戸川競艇場

全国で24場のレース場がある中、安定板の使用において使用頻度の高いレース場は存在するのだろうか?まずは関東からクセが強く、選手にとって得意・不得意がハッキリわかれるレース場から紹介していこう!

関東の江戸川競技場は河川の一画をレース場としている。

競艇場では通常防風ネットが取り付けられているレース場も多い中、

江戸川競艇場にはそのような設備は導入されていない為、波高や風速などが

一般のレース場よりも変化が大きい特徴があるのだ。

レースを視聴していると、普段より穏やかな水面と感じる江戸川でも波高は

常に5センチ以上はあり、レース中もボートがバタバタと跳ね回っているシーンをよく見る。

選手から見ても『乗りやすさ』や『得意・不得意』がハッキリと分かれるレース場と言えるだろう。

通常のレース場であれば、波高が5センチとなると水面コンディションは荒れ模様と判断されることが多いが、江戸川ではむしろ静水面といえるだろう。

江戸川の場合、波高が15~20センチを超えて初めて荒れ水面として安定板の使用が考慮されているように感じる。

競艇王国・福岡にある若松競艇場

実は競艇が盛んと言われている地域が存在する。全国に支部が存在するが在籍選手が最も多いのが福岡支部だ。

福岡には、芦屋・福岡・若松と1つの県に3つのレース場があり、地域として競艇熱が高い事も特徴的だ。若手で台頭する選手が多い事もボートレース業界を牽引しているといっても過言ではないだろう。

そんな競艇王国福岡からは若松競艇場を紹介しよう。

海水を使用した水面コンディションで、波高が変化しやすく、

安定版を使用するケースが多い印象だ。

最近の若松競艇場を代表するエピソードとしては、

2021年5月25日に開催されたSG第48回ボートレースオールスターの開催初日!

レース前の展示航走中に、岡山支部の茅原選手が転覆のアクシデントが発生し、

まさかの悪天候の影響でSG開催初日が延期というハプニングが起きたのだ。

SGに出場できるほどの腕利きレーサーでさえ、

安定板の有無や天候次第では走り方に大幅に影響が出る事は

ボートレースファンとして知っておいて損はない情報だろう。

安定板使用レースは荒れるのか?板が取り付けられることでレースへの影響は?

結論、競艇の安定板レースは荒れるのか?

個人的な意見としては荒れにくい!

風や波高が荒れに荒れていれば当然、レース展開にも影響が出そうな気もするが、なぜ荒れないのだろうか?考えられる理由を2つ紹介していこう!

競艇で安定板使用レースが荒れない理由①出走する全ての選手が安定板を使用している

安定板を装着することで、ボート全体に安定感が増し、トップスピードが抑えられることは前述でも説明させていただいた。

近代ボートレースは圧倒的にインコースが強いと言われており、

同時に風が強い日などはインコースの大敗が期待できる穴舟券が出やすいセオリーがある。

安定板が使用されるくらいの悪天候なのだから、助走距離を長く持つダッシュスタートの選手が安定板を使用する事で、更にスピード旋回しやすくなるのでは?考えたくなるのはしごく当然のことだ。

だが実際に安定板を使用されたレースを見ていると、余程スタートした瞬間に出遅れた艇がいない限りはダッシュの選手がまくり切れる結果とはならないのだ。

また安定板使用で影響を受けるのはスローの選手もダッシュの選手も同じ条件ということになる。悪天候で周回距離が3周から2週に短縮されても、レース場全体の周回距離は変わらない。助走距離を取り、スタートから1マークまでの距離は変わらないため、スピードが抑えられる事がいかにダッシュの選手に不利な状況になるかは分かるはずだ。

特にダッシュの選手であれば、助走距離を長く取っても、トップスピードに乗るまで時間が掛かってしまうため、まくり切ろうとする前にすでにスローの選手が旋回態勢に入っているといったイメージだ。

安定板を使用する事で、モーターパワーが抑えられてしまい1周第一ターンマークでのスピード旋回が不発となってしまう。

そのため安定板使用レースは比較的インコースの勝率が上昇すると言われている。

競艇で安定板使用レースが荒れない理由②そもそも安定板をつける条件を思い出そう【一般戦の場合】

冷静に考えてみて欲しい。

安定板を使用しているという事は、

風も強く、波高も通常よりかなり高くなっているイレギュラーな状態ということだ。

先の例でいえば、SGに出場できるようなボートレース界の超一流選手でも波にハマり転覆してしまう水面状況で、一般戦に出場する選手が狙った通りの的確な旋回ができるだろうか? 答えは限りなくNOに近いだろう。

また特に天候が荒れ模様のレース場はスタートタイミングがより難しくなる。

選手はどんな状況であれフライングや、転覆などでの減点を嫌うだろう。

選手の実力が時として自然環境を上回れない事もある事が理由の二つ目だ。

競艇・安定板使用レースを狙っての舟券購入はアリ?それともナシ?

よほどレース場や気象変化に精通していない限り、

風のやむタイミングまで読めるボートレースファンは少ないのではないだろうか?

(ちなみに私ミナミヤはわからない)

一般的には安定板使用をする事でインコース有利水面となると

言われているが舟券購入に活かせるのだろうか?

この条件下では買わないが正解なのだ。

不確定な要素が多く、広めにカバーしようとすると賭け点数が増えてしまう事と、

展開予想が通常よりも困難となる。

もちろんレース場毎での特徴や傾向は存在するだろう。

根拠のない舟券購入は収支を安定させることはできないため、購入は控えた方が無難である。

毎日10場近くで開催されているボートレースで、全国的に荒天であれば話は変わるが、

あえて安定板を使用しているレース場で購入する必要はないのだ。

オッズが低く、人気が高い舟券を避けて穴狙いで楽しむのであれば話は別だが、

競艇で回収率をあげたい人は特別な条件に何も正面から立ち向かう必要はないだろう!

 

まとめ

・安定板使用は選手の安全第一!

・舟券購入時は開催場の天気は要チェック!

・舟券予想時には充分に注意が必要。

 

スポンサーリンクについて解説したミナミヤ兄弟ブログ【暮らしにライフハック】もヨロシクです!!!

限りなくリアリティを追求し雑記ブログとなっていますので、ぜひ遊びに来てください!

債務整理中でも審査通過!中小規模の消費者金融・アローの徹底解説

債務整理中でも審査通過!中小規模の消費者金融・セントラル徹底解説 

Twitterは相互フォローします!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました