競艇の進入固定レース攻略と知られざる暗黙のルールとは?3カドはダメなの?

【スポンサーリンク】
豆知識

はじめに

ボートレースでは進入コースによって様々な選手間の駆け引きが存在する。

俗に言う『進入が荒れる』というのは、本来ダッシュスタートの艇が内側のコースを

主張する事で、出走表通りの進入隊形にならないことをあらわしている。

ではそんな進入隊形が絶対に変わらないレースをご存じだろうか?

本記事は進入固定競走について解説をしていこう!

【スポンサーリンク】

競艇における進入固定とはどんな競走?

実はボートレースにはサービス番組が組まれる事が多い。

もちろん顧客のためのサービスといえるだろう!

予想がしやすいから楽しんでいってね!と言わんばかりな

気もするが、確かに的中はさせやすい番組を組まれていることがある

サービスレースは通称企画レースといい、進入固定競走もその一つである。

文字通り進入固定とは出走表に記載されている艇番通りのコース進入になるため、初心者やインコースからの逃げを中心に購入するファンにとってはサービスレースと言っても過言ではないだろう。

企画レースとは、競艇界の暗黙のルールといわれる、「新人選手は大外6枠」などといった番組構成というわけではない。

予想が難しく的中できずにファンが離れてしまう危険性を避けるために、予想難易度の優しい番組をレース場が用意してくれているわけだ。

【進入を主張する】スタート展示とは?

出走表には当日出走する選手が走る枠番が記載されている。

選手は当日の出走レースではどの枠番に進入するかが予め決まっているのだ。

ボートレースの醍醐味のひとつはこの進入と言っても過言ではない。

選手はどこのコースに進入してもルール上は全く問題はない。

ボートレース初心者の方はこの記事を読んでから読み進めていただきたい。

競艇【買い方】※初心者編

現在のボートレースでは進入が入れ替わる場合は、スタート展示で主張する事が

暗黙の了解となっている。

以前はレーサーが本番までどのコースに進入するかを隠すことが多かったことから、観客にとっては分かりにくい傾向にあった。本番レースで進入が頻繁に変わる事から現代ボートレースよりも予想難易度が高かった事だろう。当時のボートレースの人気が低かった要因のひとつである。現在はほとんどの場合スタート展示の段階で動きをみせる必要があるということだ。

ボートレース界にはさあざまな個性を持った選手が存在する。

どの枠番であれ、内側のコースに進入してくるイン屋と呼ばれる選手や、反対にどの枠番であれ大外を好んで走るアウト屋と呼ばれる選手だ。

数こそ少ないが、このような個性の強い選手はベテラン選手に多く、イン屋の選手が出走している場合、基本的には主張する枠番を譲るケースが多く見られる。

これも競艇界の暗黙のルールのひとつと言えるだろう!

選手の特徴を覚える事でよりレースを楽しめるようになる事は言うまでもない。

進入固定競走とは、この選手の枠番争いが禁止されているレースということを覚えておこう。

 新人レーサーの宿命・暗黙のルール

デビューしたての新人レーサーはやたら6コースを走らされているイメージが強い。

例えば、枠番では5号艇で組まれて黄色のカポックを着ていても、

本番レースでは6コースを走るのだ。

近代ボートレースは基本的に内側有利ということもあり、大外6コースを走るのは

不利でしかないが、これも新人レーサーの宿命なのだろう。

ピットから離れた瞬間は、全ての選手が体を前のめりに倒し、自身の狙っている枠を

取りにいくための待機行動に入る。

レースを観戦していると内枠の新人レーサーはこの段階からかなり周りの選手に

気を使っている事がわかるのだ。

新人選手は競艇学校を卒業後にプロとしてデビューするわけだが、危険なレースをして自分が出場する番組を台無しにしないように、まずは大外を走り経験を積む事が競艇界全体の暗黙のルールと言えるだろう。

新人レーサーは走り方から、プロペラの調整、自己管理などを含めて同じ支部の先輩レーサーに弟子入りをする。多くの師匠からの教えとして「大外からまずは白星を挙げられるようになること」という教えが一般的だろう

これは徹底的な縦社会でもある競艇界暗黙のルールと、師匠の教えが浸透している事がわかる。

レースを壊さないためにも、新人レーサーはまずは大外から勝利する事が、今後の活躍を

左右する。

内側の枠番は当然舟券が売れるために、ファンへの配慮と、早いスタートタイミングと

高度な旋回技術を実践の中で学んでいく事が新人レーサーの登竜門と言えるだろう!

 

競艇の進入固定レースはねらい目なのか?

進入固定競走は荒れにくい傾向にある。

もちろん当日の天候や、節間の成績、開催日など様々な要因がレース結果に

絡みあうボートレースでは必ずインコースが勝つとまでは言いきれない。

ただインコースの選手からすると、他艇を気にすることなく練習通りの

スタートタイミングで出走できるためそのまま逃げ決着となることが多いだろう。

当然インコースに人気が集中するため、内側を走る選手たちは普段よりもプレッシャーを

強く感じているに違いない!

そのため過剰な期待はできないが、通常のレースに比べると固めな展開が多く、

配当もそこまで期待は出来ない。

点数を絞ることと、買い目を厳選することで高い回収率が期待できるだろう。

全てのレース場で開催されているわけではない

そこで進入固定競走のような企画レースを積極的に取り組んでいる

レース場をいくつか紹介しよう!

大村競艇場

長崎県にあり日本最南端のレース場、そしてボートレース発祥の地として知られている大村競艇場。

進入固定レースは7レース目に開催される事が多い。

2020年最も舟券の売れた競艇場として有名だ。

インコースが全国的に強く、ナイター開催という

事もあり、日中に賭けていた顧客のもうひと勝負といったところだろう!

蒲郡競艇場

こちらもナイター開催で名物・高橋アナウンサーの名実況が魅力的な競艇場。

愛知県に位置し、2020年の第4位の売り上げを誇っている。

進入固定レースは7レース目に開催される事が多い。

コースごとの傾向は全国的な数値とそこまで変わりはないが、パンチの利いた

まくり決着もあるため、インコース絶対水面とは言えないだろう!

芦屋競艇場

福岡の競艇王国の一角、芦屋競艇場。

モーニング開催で朝8時40分過ぎには第一レースが開始される。

芦屋競艇場はインコースが強い事は有名だが、企画レースの多さに定評がある。

進入固定レースは4、7レースの2回開催。

1・2・3レース目は1コースにA級レーサーが走る企画レースが開催される。

そのぶん、1コースが大敗するとそのぶん配当は跳ね上がることが特徴だ!

【スポンサーリンク】



【本題】競艇・進入固定レースで3カドってあり?オールスローは?

さて本題だ!

3カド進入とオールスロー進入が進入固定レースで可能なのかというところだ。

競艇におけるカドとは?

競艇の進入隊形には、スタートまでの助走距離によって、スローとダッシュに分けられる。

スローはスタートラインに対して100~130メートルの助走距離を取る。スタートまでのタイミングを合わせやすくし、内側有利な近代ボートレースにおいては、そのレースの本線と言っても過言ではないだろう。他艇よりも早めにスタートし最初のターンマークを一番先に回るための進入である。

逆にダッシュスタートとは主に、4~6号艇までの選手が助走距離を200メートルほど取り加速をつけてスタートする進入スタイルを指す。スタートまでの距離が遠いため、スタートタイミングの難易度は上がるがその分、助走距離が長いため、スタートで後手をとったスローの選手を抑え込み、まくり決着を試みる事が可能だ。

競艇の専門用語でもあるカドとは、このスローとダッシュの境目の選手をさしている。

例えば、進入隊形が123/456(スラッシュは123がスロー、456がダッシュという境目に用いられる)の枠なり進入だった場合、3号艇と4号艇のあいだで進入隊形の切り替わりを表現されている。

この場合、4号艇がカド、3号艇はカド受けとなる。まくり決着の場合、3号艇のスタートタイミングが非常に重要となり、レース予想の重要なポイントとなるのだ。どんなに強いA1選手が、1号艇だったとしても、2・3号艇が心もとない(スタートが遅れやすい)選手だった場合、ダッシュスタートの選手がスタート時に飛び出す事ができれば、大荒れ展開となるのだ。

イチかバチかの大勝負!3カド進入とは?

3カド進入とは、本来ダッシュスタートを切る4号艇の受けとなる

3コースの選手がダッシュに加わる隊形を指している。

12/3456と表現できる。

3コースが、ダッシュまで助走を引っ張り、まくり決着を試みるための作戦だ。

昨今では優勝戦などで特に若手選手がこの作戦を採用する事が多い。

ではこのレースが進入固定だった場合はどうなのだろうか?

実は進入固定レースでは3コースの助走距離は150メートルのラインの中

に納まっていないといけないというルールが存在するようだ。

(過去に収まっていなかった選手が待機行動違反を取られていたらしい…)

150メートルというとちょうど、第2ターンマーク付近の位置だ。

1節間でオール進入固定競走が組まれている企画レースを開催する場も存在した

事はあるものの、かなり少ないサンプルである。

果たして進入固定レースでの3カドのぜひやいかに…。

特殊な進入隊形・オールスロー進入とは?

またSGの優勝戦などでも見かけるオールスロー進入は

どのような立ち位置なのだろうか?

オールスロー進入とは、本来助走距離を長く取るダッシュが全てスローに

進入するレースだ。

本来であれば、内側に進入を試みた艇をブロックするような動きをする事で、

このような進入隊形となる。

ボートレースにはブレーキがついていないため、全艇が早めにスタート方向に艇先を向けてしまうと、助走距離はどんどん短くなってしまう。またこのオールスロー進入は、外枠選手の奇策といして用いられる事が多く、本番前などのスタート練習時よりも早めにスタートラインに艇先を向けるため、全艇助走距離が短くなる事が特徴的だ。

練習と異なる位置から走り出すという事は、

スタートタイミングが狂ってしまうことは言うまでもない。

そのため、本番レースでのオールスローや3カド進入のような奇策が行われた場合、思わぬ波乱と高配当を呼びこむ事も珍しくない!

上記のルールではオールスロー発進について言及できていない。

3コースまでのスローの助走距離は150メートル以内に

収まっていた場合、進入固定レースのルールには抵触していない

気もするのだが…。謎は深まるばかりである。

 

この進入固定問題を解決してくれた意外な人物とは?

ネットで調べていたところ現役選手のTwitterに答えが書かれていた!

堀本選手曰く、やはり内枠3艇はスロー発進。(150メートルまでに収まる)

ダッシュは明確な数値は記載がなかったものの、ダッシュスタートが

義務付けられていたのだ!

現役選手が言うのであれば間違いないだろう!

またひとつボートレースの謎が説けた気がした…。

結論、進入固定レースは3カドもオールスローもダメ!

違反すれば待機行動違反となり7点の厳しい減点!!!!

待機行動違反について解説した記事はコチラ!!

競艇のわかりにくい待機行動のルールと何をしたら違反なのかを徹底解説!選手がやる気をなくしてしまう重すぎるペナルティとは?

 

まとめ

・結論・進入固定はボートレース定番の進入隊形でなくてはダメ!

・進入固定レースは各レース場によって開催状況が異なる。

・進入固定レースはインコースがやはり有利!購入するのであれば

オッズと相談が必要だろう。

【スポンサーリンク】

リンクについて解説したミナミヤ兄弟ブログもヨロシク!!!

債務整理中でも審査通過!中小規模の消費者金融・アローの徹底解説

債務整理中でも審査通過!中小規模の消費者金融・セントラル徹底解説 

Twitterは相互フォローします!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました